ウィッグの使い方

派手な服の女性

ウィッグとは、日本語ではかつらのことを指す。しかし、かつらという言葉のもとの意味よりも、ファッション的な要素を含んだ意味合いとして良く使われる。 ウィッグは、薄毛隠しの道具として特に使われてきていた。部分的な薄毛を隠すための小さ目のものから、頭全体を覆うものまで、様々なタイプがある。しかし、最近では若者向けの薄毛隠し用でないウィッグも浸透してきている。若者用のウィッグは、主に髪型を変える目的として使われる。髪の毛の色や髪型を、簡単に変えることができるため、ファッション目的で販売されているものも増加してきた。また、日常使いのためではなく、仮装やコスプレ用の色付きウィッグも人気である。このような商品は、パーティーグッズとして安く購入することができる。

ウィッグのこれからの動向としては、より地毛に近く見えることを目指した商品が人気になると予想される。薄毛隠し用のものもファッション用のものも、どれだけ自然に見えるか、というポイントが選ぶ上でもっとも重視されている。どのようなウィッグがより自然に見えるかと言えば、毛がしっかりとしていて、絡まりにくくボリュームのあるものである。薄毛隠し用のウィッグでは、特に自然さが重視される。こうした点のほか、つむじのリアルさや熱への耐久度もポイントの一つである。ただ、普段使いを目的として販売されているウィッグは、これらを満たしていることが多いが、パーティーグッズとして販売されている商品は質が落ちるものが多いため、注意が必要である。